マサキの部屋

特撮・ドラマ・映画その他もろもろについて語ります

特捜エクシードラフト第24話「傷だらけの迷走」について

今回は前回に続き、レスキューポリスシリーズから、特捜エクシードラフト第24話「傷だらけの迷走」について語りたい。

あらすじ

第9話「傷だらけの迷走」

1992年7月12日放送 脚本:中野睦 監督:小西通雄

傷だらけの迷走

傷だらけの迷走

  • 発売日: 2016/12/22
  • メディア: Prime Video
 

若松氏のいい表情。素晴らしいサムネだ。

非番の拳は勝とともに、学生時代の友人で現在は青年実業家の名取と、キャデラックでドライブを楽しんでいた。だが、その道中に暴走族の襲撃に遭い、周囲では通信障害が起こっていた。そう、キャデラックは情報撹乱カーであり、しかも名取はそれとは知らずキャデラックを盗んでいたのだ。

それに襲撃してきた暴走族はそれを取り返しにきた産業スパイの一味であった。

そして、キャデラックを盗んだ名取は青年実業家ではなく、実は駐車場のしがない従業員だったのだ・・・。

 

今回の主役はドラフトキースこと拳。そしてメインゲストキャラクター・名取浩司を演じたのは若松俊秀氏。若松氏は東映特撮ファンにはお馴染み、鳥人戦隊ジェットマンブラックコンドル=結城凱を演じていた。

勝利のホットミルク

勝利のホットミルク

  • 発売日: 2016/10/28
  • メディア: Prime Video
 

名取は結城凱のように青年実業家のイケてる男として振る舞うが、実は劣等感の塊で駐車場の従業員であった。

そして、今回の予告では次週必見とナレーションされ、制作サイドはかなり気合を入れている。

今回は拳主役編ということもあり、派手な空手アクション、さらにはカーアクションも楽しめる。しかも、カーアクションについては令和の現在から見たら、かなり危険な撮影を行なっている。

また、産業スパイの一員で組織を裏切った森野を演じているのは小山昌幸氏。小山氏は東映のテレビ作品に数多く出演されており、東映ファンは一度、見たことのある俳優さんであろう。その小山氏演じる森野が、隊長・隼人に取り調べを受ける際、「名前オバケのQ太郎 住所不定 年齢84歳」とはぐらかす。なぜ、オバケのQ太郎なのだろうか?

 

劣等感は罪か?

名取「笑っちまうよな、ハハハ・・・。オレは人生の敗北者だぜ、人生の・・・。」

ここから本題に入りたい。

拳と名取は偶然再会し、それから二人はドライブすることになった。お互い大人になり、拳はエクシードラフトのキースとして活躍し、片や名取は駐車場の従業員・・・。

つまり、名取は拳とドライブするためにキャデラックを盗んだのだ。

名取「毎日毎日、安い給料で暗い地下で働いて、俺より若ぇ野郎がスゲー外車に乗ってきて、よろしくってキーを投げてくんだぞ。そん時の気持ちがお前に分かるか!」

名取「そんな時にてめぇに会ったんだ。今じゃ、お前はエクシードラフトのドラフトキース様。俺ゃあどうすりゃいいんだよ。車持ち出すしかねぇじゃねぇか!」

流石に車を持ち出したことには同情はできないが、自分よりも成功している友人や歳下の者に嫉妬する気持ちはめちゃくちゃ分かる。

歳下の者が外車を乗り回す、成功している同級生・・・。なんだか、生々しくリアルで胸に突き刺さる。

私も20歳過ぎた辺りから、そういったことを痛感するようになった。見た目だけでも、カッコつけて虚勢を張りたい時があったよ、俺にも。もしかしたら、今もかもしれないが・・・。

年齢という存在がそもそも、劣等感の原因となる。名取の履歴書には23歳と明記されており、23歳という年齢はちょうどそのような感情が芽生えやすい。しかも、年齢にはノルマ的要素が含まれており、この年齢までに〇〇が出来ていないとダメみたいことが多々存在する。

今回紹介した「傷だらけの迷走」というサブタイトル。まさにそれは人生そのものである。