マサキの部屋

特撮・ドラマ・映画その他もろもろについて語ります

70年代

特捜最前線 第370話「隅田川慕情!」について

今回は「特捜ロボ ジャンパーソン」を一旦、休んで「特捜最前線」について語りたい。気がつけば、「特捜」を当ブログで語るのは約1年ぶりとなっていた・・・。 第370話「隅田川慕情!」 1984年6月27日 脚本:塙五郎 監督:辻理 隅田川沿いの団地で一人暮らしの…

映画「激突!」について

今回は久しぶりに映画を語りたい。そして今回語る映画はスティーヴン・スピルバーグ氏監督作品「激突!(DUEL)」(71年)だ。 激突!スペシャル・エディション [DVD] 発売日: 2012/04/13 メディア: DVD 激突! ユニバーサル思い出の復刻版 ブルーレイ [Blu-ray] …

特警ウインスペクター第38話に学ぶ人生論

今回はいつの間にか、シリーズ化した人生論についてである。だが今回はタイトルの通り、以前語った「特警ウインスペクター」第38話「選ばれた男」についての追記的な内容となってしまうが、ご容赦願いたい。 「選ばれた男」を扱ってからほぼ1年経つ。だから…

特捜最前線 第107話「射殺魔・1000万の笑顔を砕け!」について

久しぶりに特捜最前線についての記事である。 今回語るのは第107話「射殺魔・1000万の笑顔を砕け!」。 本作はDVD-BOX3巻に収録された人気の高いエピソードで、犯人が猟奇的かつトリッキーである。後に珍しくなる、犯人との銃撃戦が描かれたりとアクション要…

レインボーマン 殺人プロフェッショナル 殺しの流儀〜エルバンダ編〜

久しぶりにレインボーマンの記事を書きたい。 今回は殺人プロフェッショナルのひとり、電流人間(スパークマン)エルバンダについて語りたいと思う。 レインボーマンの記事ばっか書きすぎじゃね?と思われるかもしれないが、それは仕方がない。だってレインボ…

レインボーマン 殺人プロフェッショナル 殺しの流儀〜ガルマ編〜

また、「レインボーマン」についての記事である。 今回語りたいのは「レインボーマン」のM作戦編に登場する7人の殺人プロフェッショナルのひとり、ガルマについてである。 M作戦編は「レインボーマン」の中でも、かなり人気のあるシリーズである。その魅力は…

レインボーマン・ダッシュ4に学ぶ人生論

久しぶりにレインボーマンについて語りたい。今回はレインボーマン・ダッシュ4に学ぶ人生論だ。 レインボーマンダッシュ4 愛の戦士レインボーマンVOL.4 [DVD] 出版社/メーカー: 東宝 発売日: 2016/01/20 メディア: DVD この商品を含むブログを見る ダッシュ4…

負け犬のバイブル 第1作「ロッキー」について

現代のシンデレラ、アメリカン・ドリームを体現した映画第1作「ロッキー」。アカデミー賞の作品賞、監督賞、編集賞の三部門を受賞している。 ロッキー (字幕版) 発売日: 2015/10/07 メディア: Prime Video 等ブログを立ち上げるきっかけのひとつとなった本、…

君の名は蘭花!!ダイヤモンド・アイについて

本当は記事を前後に分けるつもりはなかったが、思いのほか長くなってしまい、仕方なしに分けることにした。前後に分けたことにより、後半の「ダイヤモンド・アイ」についてたっぷりと語ることができる。まさしく怪我の功名だろう。 「レインボーマン ダイヤ…

前世魔人の正体見たり! !ダイヤモンド・アイについて

君の前前前世から僕は君を探しはじめたよ 「前前前世」 作詞・作曲:野田洋次郎 RADWIMPS 2016年に公開され、大ヒットを記録した「君の名は。」(東宝)の主題歌であり、日本中の誰もが一度は耳にしたことのあるワンフレーズであろう。 特撮というジャンルは基…

ゼニクレージー大抜擢 正義のシンボル コンドールマン

ドコモのCMに大抜擢された怪人ゼニクレージー。実に何十年ぶりの、意外な形で脚光浴びることになった。 今年の初めくらいにそれを知ったのだが、最初聞いた時には何かの冗談だろ?と思った。そのくらい凄いことなのだ。 今回はゼニクレージーついて語ろう!…

イナズマンF 第43話 「レッドクイン 暗殺のバラード」は思春期の思い出

※『イナズマン』は第26話から『イナズマンF』と改題し、第26話を第1話、本話を第20話と表記する場合がありますが、当ブログでは第43話と表記します。 思春期に少年からの"変転" 私にとってイナズマンFは思春期の思い出の作品である。 私がイナズマンFをはじ…

レインボーマン ドクター・ボーグの執念のサイボーグ軍団

これまで何度も語ってきたレインボーマンだが、今回はレインボーマンの最終シリーズ・第4クールのサイボーグ軍団編に登場する死ね死ね団の科学者ドクター・ボーグについて語っていきたい。 サイボーグ軍団編 レインボーマンは4クールでフィナーレを迎えるの…

タケシ発狂!!レインボーマン 第9話「タケシを狂わせろ」

引き続き、今回もレインボーマンについて語りたい。今回は主人公タケシが発狂してしまう、第9話「タケシを狂わせろ」について語る。 第9話「タケシを狂わせろ」はレインボーマンの1クール目のキャッツアイ作戦にあたり、番組開始からその過激路線はキレッキ…

レインボーマン 第22話 「一億人を救え!!」について

今回は前回に続き、レインボーマンの主人公ヤマトタケシを象徴するエピソード、第22話「一億人を救え!!」について語りたい。 「一億人を救え!!」 壮大なサブタイトルである。だがタイトルに恥じず、一億人を救うために奮闘するタケシが描かれた素晴らし…

レインボーマン 愛すべき主人公ヤマトタケシ

以前、愛の戦士 レインボーマンの敵組織死ね死ね団について語った。そして今回は主人公のヤマトタケシを語りたい。 レインボーマンは他の特撮番組と比べると異色であるが、それは主人公ヤマトタケシの存在が異色だからである。「愛の戦士」レインボーのヤマ…

レインボーマン 死ね死ね団について

死ね死ね団・・・・・・。 ポケモンのわざマシン28「しねしねこうせん」を想起させるふざけたネーミングの悪の組織で、昭和の特撮番組「愛の戦士 レインボーマン」に登場する。 その死ね死ね団には「死ね死ね」と何十回も連呼する、一度聞いたら忘れられない…

アイアンキング 不知火一族について

以前、ウルトラセブンのノンマルトの記事で先住民族という共通項から、アイアンキングの不知火一族をほんの少し触れた。今回はその不知火一族についてディープに語っていきたい。 まずは不知火一族を語る前にアイアンキングについて語らねばならない。 アイ…

ウルトラセブン 第43話「第四惑星の悪夢」とイナズマンF 第37話「幻影都市デスパー・シティ」

前回、ウルトラセブン 第42話「ノンマルトの使者」について語った。 ブログを書くためにウルトラセブンのDVDを見ていたら「ノンマルトの使者」の次の回が「第四惑星の悪夢」だった。名作との評価が高いので続けて見てみた。 「第四惑星の悪夢」を見終わった…